Loading...

saponica

インテリア、食器、お酒、ごはんネタを中心に「我が家流に楽しく暮らす」を綴るブログ。

イベント、旅行記

2022 夏の大三島旅行(2日目)

こんにちは、saponicaです。

前回からの続き、大三島旅行2日目は早朝の散歩からスタート。

レモン。たぶんレモン。

宿から愛媛特産の柑橘畑を抜けて10分ほど歩くと「いのくち海の駅」というフェリー乗り場が見えてきます。

そこでしばらく海をのんびり眺めたり、体操したりするのが毎年訪れる大三島での恒例行事。



実はこの港、向こう側に多々良大橋が見えるナイスビューで、夜が明けてくる時間帯(夏だと5時ごろ)は朝焼けのきれいな風景が広がります。今回は時間が遅めだったのと少し曇り空だったのが残念でした。

散歩してちょっと小腹が減ってきたので宿に戻って朝食。昨晩食べた魚のアラを味噌汁にしてくれていました。ご飯のお供になるおかずもたくさんあって、朝からモリモリ、年相応に。

ぼくのはアコウのお頭入りでした

宿を後にし向かったのは、大三島の定番観光スポット「大山祗神社(おおやまずみ神社)」。

全国にある三島神社の総本社となる神社で、境内にある国の天然記念物に指定されている樹齢2600年のクスノキはパワースポットとしても有名。

今回は行かなかったですが、この神社は宝物館も見どころで、国宝・重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割以上が奉納されているのだとか。

人気の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、源の~とか、弁慶の~などにまつわる武具・甲冑も多数奉納されていて、何年か前にこの神社に来た時に一度入ったことがありますが、なかなかの見ごたえ。見る価値アリです。

さて、本殿で参拝して、今回は「生樹の御門(いききのごもん)」を見に神社のさらに奥へ。

少し登っていくとアニメ「トトロ」に出てきそうな大きなクスノキ発見。

こちらも国の天然記念物に指定されている、なんと樹齢3000年のクスノキらしいですが、木の根元がぱっくり開いてその間を石の階段が通っているという不思議スポット。「生樹の御門」と呼ばれていますが、昔からこの門のような木の根をくぐって石段を登り、奥の院に参拝していたことからその名がついたそうですよ。

自然の生命力の強さに圧倒と感動。まさにパワースポットでした。ちなみにこの石段の奥でお参りすると金運アップらしいことを地元のおばあさんが教えてくれたので念入りにお参りしてきました。もちろん。



お昼前。さてそろそろ帰りの時刻ですが、帰る前にお土産を調達しないと!ということで向かったのは神社近くのスーパー「ショッパーズ」。自分用のお土産は毎回ここで仕入れます。

買うものはいつもと愛媛の松山揚げと味噌&日本酒。

ちなみに味噌については我が家は愛媛の「伊予のみそ」っていう少し甘めの麦味噌を愛用してるんですが、これがやさしい味わいでうまい。特にお酒をたくさん呑んでちょっと胃が疲れているなーなんて時にこの味噌でつくった味噌汁を飲むと癒されます。ということで愛媛にきたらいつも伊予のみそを大人買いしています。

その他、地元のスーパー「A コープ」にもはしごして、野菜をどっさり購入して車に詰め込んだら今回の愛媛でのミッションは終了。大自然とのんびりした町の風景に癒されて大満足の一泊二日旅行でした。