Loading...

saponica

インテリア、食器、お酒、ごはんネタを中心に「我が家流に楽しく暮らす」を綴るブログ。

イベント、旅行記

2022 夏の大三島旅行(1日目)

こんにちは、saponicaです。

7月の三連休。家族&姉夫婦で愛媛県 今治市の最北に位置する「大三島(おおみしま)」へ一泊二日で遊びに行ってきました。今回はそんな夏の家族旅行ネタです。

台海水浴場で海水浴

京都から車を走らせ約4時間。まず向かったのはこの旅行のメイン目的地、台海水浴場(ウテナカイスイヨクジョウ)。


ここ数年、毎年訪れるこのビーチですが、行く時期にもよるかとは思いますが、ぼくらが訪れる7月中~下旬ごろは人が少なく、広さも十分で海遊びを満喫できています。

ビーチの設備も更衣室(シャワーは有料)、トイレ完備で、テントやパラソルを忘れても屋根付きの桟敷が一区画300円程度で借りられますし、なかなか快適に過ごせます。駐車場は無料だけどスペース少なめな印象。

少し水は冷たかったですけど、子供たちはめいっぱい(4時間ほど)海水浴を満喫できたようです。



大三島のクラフトコーラ専門店へ

海水浴の後に訪れたのは大三島にある有名な神社「大山祇神社」の参道にあるクラフトコーラの専門店「OMORO Cafe」。

地元の柑橘を使った自家製のオーガニッククラフトコーラで黒糖を使ったブラックとてんさい糖を使ったホワイトが選べるそうです。

スパイスの効いた(クローブの香り強め?)クラフトコーラは濃厚でクセもありますが子供には好評。以前家でパクチーを使った簡単コーラというものをつくったことがあってそれは激マズでしたが、さすがに本格的なものは美味しかったです・笑。

オープンしてまだ日も浅いとのことですが、大三島の新しい名物として定着するといいですねー。

あと、近くに大三島のクラフトビールの醸造所兼タップルームがあってこちらもおススメですが今回はお見送り。

瀬戸内の海と橋の絶景を楽しむ

この日はちょうど昼頃から気持ちいい青空が広がったので予定には入れてなかったですが、展望台に行ってみることに。道の駅横の道を上がっていくとある「多々良展望台」。

360度パノラマの絶景。天気のいい日だと海や空の青としまなみ海道に架かる多々良大橋とのコントラストが美しい。展望台へは駐車してから少し登らないといけないのでそこがキツイんですけど、見る価値ありな景色でした。



お宿は「なぎさ」

さて夕方になり宿泊先へ。しまなみサイクリングの影響から新しくてオシャレな宿泊施設ができている中、毎年リーズナブルな昔ながらの民宿をチョイスする我が家ですが、今年は「大三島 なぎさ」さんで宿泊することに。

予約は事前に電話で。一泊二食付きで大人一人8000円程度、子供6000円程度(時期によって変わるかもです)。追加料金で夕食に船盛がつけられるとのことで、せっかくの旅行だからということで船盛もオーダーしてみました。

建物自体は古めでザ・民宿って感じ。中はキレイで広々しており、共用のお風呂も部屋もなかなか広くて快適。トイレや洗面所も清潔で使いやすく全体的にとてもキレイにされてるなというのが印象的でした。その他、共用の洗濯機(有料)とバルコニーもあり、もちろんコロナ対策もきちんとされております。

あと助かったのが、ロビーに小さいですが共用の冷蔵庫があり、宿に来る前に立ち寄ったスーパーで買いこんだ飲み物も保管出来てよかったです。

建物が古いからか、夜寝ているときに誰かが廊下をあるくとギシギシ鳴るのが少し気になったかな。あと、オーシャンビューなお部屋はないです。

楽しみの夕食は魚介中心。タイのアラ煮や貝のお鍋、天ぷらに炊き込みご飯などなど見た目もいいしボリュームがあって美味しかったです。瀬戸内の海の幸が満喫出来ておなか一杯になりました。

お刺身のお皿が空、別注の船盛にドバっとのっかってます。
タイのアラ煮
アサリの炊き込みご飯
アコウ、オコゼなど瀬戸内の海の幸がどっさりな船盛(今回は7000円でした)
地元今治のお酒「山丹正宗

地元今治のお酒「山丹正宗」をちびちび呑みながらゆったりとした時間を過ごせました。

ちなみに子供向けの料理は定番のハンバーグや揚げ物、ソーセージなどのボリュームのあるプレートでしたよ(写真はないけど)。

夜は外で持ってきた花火を楽しんで就寝。心配していたお天気も一日中良くて、大三島での楽しい一日目が終わりました。


2日目につづく