Loading...

saponica

インテリア、食器、お酒、ごはんネタを中心に「我が家流に楽しく暮らす」を綴るブログ。

暮らしとインテリア

ツボをついたタオル

こんにちは、saponicaです。

キッチンタオル、すでにいくつか持ってるんですが、デザイン…というか、モチーフにひとめぼれして思わずポチしてしまったLAPUAN KANKURITのキッチンタオル「KATAJANMARJA」。

描かれているのは「KATAJANMARJA(カタジャンマルジャで読み方合ってる?)」で日本語はジュニパーベリーでハーブ柄っすね、これは。フィンランドでは料理やビールの香り付けに一般的に使われてる親しみのあるものらしい。行ったことないから知らんけど。

そんなジュニパーデザインになぜひとめぼれしたのかというと、ジュニパーベリーってハーブがぼくの大好きなお酒の一つである「ジン」の香り付けに使われているモノだからサ。ってそれ理由だけで買うかーって感じですが、ええんです。ツボなんてそんなもん。でもかわいいと思うなー、おぢさん。

同じテキスタイルな製品がいくつかある中で選んだのはキッチンタオル。プレイスマットと迷ったんですが、こっちのが若干大きいしプレイスマットって敷かないし、もし敷くとしてもこれで代用すればいいやっていう、いつもの楽観的視点。キッチンタオルはいくつあってもいいし、腐らないし。

素材は前に書いた同ブランドのテーブルランナーと同じくコットンとリネン。ざっくりとした素材感なので、シワが入ってても全然気にならない、むしろ多少シワが入ってたほうがいい!くらい。洗濯も全然問題ないし、こういうのが普段使いにラクでいいですね。

ええわ〜好っきゃわ〜ラプアン。そしてまた少しフィンランドに行ってみたい度がアップしたのでした。