Loading...

saponica

インテリア、食器、お酒、ごはんネタを中心に「我が家流に楽しく暮らす」を綴るブログ。

暮らしとインテリア

ECOLA(エコラ) スローがやっぱ良い。

こんにちは、saponicaです。

10月も半ば、朝晩が寒く感じるようになりました。冷え性な僕にとってはこれから辛い季節がやってくる。そろそろ温かい防寒具を出そうかな…そんなことが頭をよぎりましたので、寒い季節には欠かせないお気に入りのECOLA(エコラ)毛布について改めて記事にしようと思います。

本記事は2019年の記事を修正・追記しています(なので写真は古い)

ECOLA(エコラ)は湧き水で洗い、羊の毛の色をそのまま使った無染色で極めてジュンなカタチで仕上げたウール100%の毛布。純毛ならではの圧倒的な温もりと、染色していない素朴な色合いが特徴。



ショップから吹くアツい風に乗って

取り扱いはイッタラ、アラビア、アルテックなど北欧系アイテム&東屋中心の和なラインナップで人気のインテリアショップ「SCOPE(スコープ)」。

マンテイガスっていう、ポルトガルの小さな村で育った羊の毛を使って、800年物間変わらない手法により、手間暇かけてつくっている…なんていうロマンあふれるステキ背景に惹かれ、2012年(だったっけ?)の販売開始と同時にポチッとしたのはいい思い出。

ECOLAはSCOPEさん的にも思い入れのあるアイテムのようで、実際に現地ポルトガルに足を運んで取材したり、読み物をつくったりなどバリバリあおってくるもんだから我が家もその熱量に押されて購入を決断した、みたいな部分が大きい。でも実際使ってみてほんと良かったからショップから吹くアツい風に乗っかってみるのも悪くない。

▼ SCOPEのシャチョウinポルトガルのブログリンク
https://www.rakuten.ne.jp/gold/scope/ecola/blog.html

▼ FBでみれるSCOPE ECOLAフォトアルバムはこちら
https://www.facebook.com/scope.japan/photos/?tab=album&album_id=372658336143227

冬は肌身離さずエコラな毎日

現在、最初に購入したスローのMサイズをずっと、かれこれ10年くらい?テレビを見る時はリビングで掛けてエコラ、寝る時は寝室で敷いてエコラ。毎日家の中を行ったり来たりして使っていますエコラ。まあ、そんなに使うのならば追加購入したらいいんでしょうけどね、妻が許さぬ。

さて、そんな感じで10年ほど毎秋冬使用しているでしょうか。手入れが雑なので多少縮みが激しかったりしてますが、相変わらず雰囲気はいいですし、温かさもご健在。ほんと、いい買い物したなぁと今でも思う。

使い初めにクセアリ、のち、馴染む

使い始めは独特の獣臭アリ、チクチクアリ、あと抜け毛もアリなんですけど、使い込んでいくうちに徐々に気にならなくなるのは体験済。神経質な方には向かないかもですが(あと動物の毛やハウスダストアレルギーが強めな方もちょっと厳しいかも)、道具と使う人が徐々に歩み寄って暮らしに馴染んでいく感覚は個人的には好きです。ちなみに獣臭さに関しては2年くらいすると感じなくなったけどそれはそれでちょっと寂しい。

娘もすっかり馴染んどりますなぁ



現在ラインナップはスローのM、Lサイズ、ブランケットはシングル、ダブルがあるようです。我が家はスローのMサイズを2枚愛用してますがリビングや寝室、ひざ掛け用とかいろんな場所、いろんな使い方しようとするとこのサイズがちょうど良い。サイズ的にはブランケットのシングルも気になりますが。

さあ、寒い寒ーい京都の冬。今年もこのECOLAと床暖で乗り切りろうかなと思います。

ちなみに僕は末端冷え性なので、願わくば「ECOLA あったか腹巻」や「ECOLA ぬくぬく手袋」といったアイテムも出して欲しいです(ダサ)