Loading...

saponica

まさひろオキナワ ジンを呑んでみた

こんにちは、saponicaです。

いよいよ本格的に暑くなってきて、夏!って感じでしょうか。まだ梅雨もきてませんが。

ここのところ本気で人とのコミュニケーションが家族だけになり、まあ、取引先さんとのメールはやりとりしたりするんですが、めっちゃさみしい!さみしいんです!おっさんやけど。で、そんな気分を紛らわそうとスマホ触るんですけどね、何やってんねんろ感が半端ないので、最近は本をひたすら読んでます。

「竜馬がゆく」なう。坂本龍馬を題材にした司馬遼太郎さんの古い小説ですけどね、これがなかなか面白い。読み方がわからん漢字やら意味のわからん言葉がバンバン出てきてなかなか読み進められないんですけど、でも面白くて読んでしまうマジック。なんでしょう…すごいな。

そんなわけで今週末も読書に浸りますかね、ジンでもちびちびやりながら、ゆくぜよー。

で今回は久々にお酒ネタな以下、最近飲んだジン。

まさひろオキナワジン RECIPE01

ジンの基本のボタニカルであるジュニパーに加えて、シークワーサーの爽やかな香りがふっと漂うのが新鮮。沖縄といえば!なゴーヤも入ってるそうですが、残念ながらぼくにはゴーヤ感はよくわからズ、行方知れズ。全部で6種のボタニカルを使用しているそうですス。

まさひろオキナワジン バーテンダーズバッチ2019
トロピカルエディション

その筋ではユーメイなバーテンダーさんがボタニカルをチョイスしたというオキナワジン。パッションフルーツやマンゴー、ミズレモンなど南国ならではなのも含め、9種類のボタニカルがイン、とのこと。

華やか!まあ、これは誰でもわかるんですがその他複雑に絡み合う要素についてはぼくにはわからない(どうやったらわかるようになるのかなぁ…)ので気になる方は販売店でチェックしてください。ちなみにRECIPE01より味わいが濃い気はします。ウフッ

飲み方は個人的にはもちろんストレートが一番ええと思うんですが、トニックや炭酸水との相性もよいとのこと。常夏の沖縄ならではの爽快な、これからクソ暑い夏を迎えるにあたっての最適な飲み方もアリ!割ってもしっかり味わいが残りますがより泡盛感が増す、そんな印象です。

お値段も最近のクラフトジンは高っけぇのが多いなあと感じる近頃においては比較的リーズナブル。デイリーはボンベイでいいですが、たまに飲むなら、なチョイスとしてはよいと思います。