Loading...

saponica

インテリア、食器、お酒、ごはんネタを中心に「我が家流に楽しく暮らす」を綴るブログ。

暮らしとインテリア

ヒョウタンからサケ

ジャッキーチェンの映画は吹き替え版しか見れない。こんにちは、saponicaです。

子供の頃から見ていてもう刷り込まれてるんですよね、たぶん。だから中国語とか英語喋ってるほんとの声のジャッキーみても違和感しか感じなくて申し訳ない、ジャッキー。

さて、今回はちょっと特別な道具をご紹介。昨年末に我が家にお迎えした東屋さんのひょうたん型花器(scopeで購入)です。

宙吹きで一つ一つ職人さんの手によって作られていくこの特別なガラスのひょうたん。見た瞬間にジャッキーチェンの「酔拳」がフラッシュバック。花器だけど、これで酒が飲みたい!!花器だけど!!と思ってしまった僕の頭は飲み過ぎでずいぶんイかれているのでしょう。かわいそうに。

特別冷酒専用「掛花」

ところでこのひょうたん、バリエーションがいくつかありまして、自立して、注ぎ口らしきものがついてる「花入1」、自立する「花入2(クリア/白)」、自立しない壁掛け専用の「掛花」。そこで始まった、これでお酒を呑むんだったら、テーブルに置ける様に自立するヤツのがええよねという想いと、でも実際のひょうたんって自立しないしな…っていうリアルへのこだわりとの葛藤。結局どうしても酔拳のひょうたんシーンが頭から離れなかったこともありリアルひょうたん型の勝利。

自立しないのにどうやって使うのか問題は、毎年結婚記念日にお世話になっている和食屋さんの日本酒の出し方がヒントに。器に氷をたくさん入れてそこに置いちゃえば万事解決。オシャレ度もBATSUGUN。使用頻度はそんなに高くない特別なものと捉えていて、「特別な日にひょうたんでいい冷酒を飲もう!」を一応スローガンとして掲げておく。

使わないときは箱にしまっとくのがミドリ安全

ちなみに氷は氷嚢用の氷を作ってる小さい氷ができる製氷皿で作るのがミスター曰く、サイコーのベストかと。一般的な製氷皿でできる大きさでもいいけど小さいほうが洒落てるかなって。でもチーコー(小さい氷)をわざわざ買うのもなんだし、大きい氷を砕くのもめんどくさいですしね。ダイソーでも売ってるかと思います、チーコー製氷皿。あとかき氷製造機があれば雪に埋れさせるってのもオサレかも。溶けるの早いけど。

どんだけー(容量)

実際に届いて思ったのが予想より小さかったってこと。自分の頭の中のサイズ感がズレとった。容量はどのくらいなんだろうと鬼ころしミニ(180ml)で試してみる。測るだけだったら水でよかったんじゃないかって今これを書いていて思うんだけれども。そんなところが抜けてるワタシをこれからもどうぞよろしく。結果、ちょうどよい八分目に到達したのが150ml。鬼ころしミニだとおちょこ一杯分はみ出るイメージ

お酒の注ぎ方に関しては、注ぎ口は非常に小さいので上手く入れようとするならば「じょうご」は必須。これも100均でゲットできるもので十分。

ネッショーがベストかな

難易度が高そうなのが「洗い」の作業。ジャッキーや赤鼻の老師(酔拳ネタひっぱる)みたいに直接口つけるわけじゃないので、今はとりあえず深く考えず、基本水でシャカシャカして終わり。できればネッショー、つまり熱湯消毒がよさそうですが、その場合は急に熱湯をかけるなどして割らないように注意。一応、scope掲示板でその辺確認しましたところ…

普通ガラスも熱湯ダメってわけじゃないから、やり方によっては大丈夫ですよ。つまり温度差で割れますから、50℃とか60℃を超えるような温度差を急激に加えず、徐々に上げる、徐々に下げるのであれば割れないはずです。ですから、鍋の底に布巾を敷いた上にひょうたんを置き、水から徐々に温めていって沸騰させ、そこから徐々に冷まして常温にすれば割れない。そこまで慎重にならなくてもお風呂ぐらいになったら入れる、お風呂ぐらいになったら出すぐらいだったら大丈夫でしょう。いきなり熱湯に入れる、熱湯から出して水で急冷する、これをすると割れます。つまり割れる理由は温度の高さではなくて、温度差なのです。耐熱ガラスは耐えられる温度差が大きく、普通ガラスはその温度差が小さいということです。

との、シャチョーからの丁寧な回答を得ることができましたので、熱湯で割れるについての不安はしなくてもおそらく大丈夫です。実際ぼくもやってみてやってみて大丈夫でしたし。

お鍋に水(もしくはぬるま湯)を入れ、なべ底にふきんを敷き、その上にひょうたんを置く。そこからそのお湯を沸かしていくという方法で除菌チャレンジしたの図。

そして乾かし方ですが、洗ったあとは逆さにしてしっかり水を切りたいけど、この細い口に入るようなハンガーないしどないしよって考えたのが少し重量感のあるグラスに竹のお箸を一本。そこにズボッとひょうたんを。あんまりスマートな感じじゃなしダサいですけどとりあえずこれで。他に何かいい方法があればご教授おまちしております。そして乾かす場合も水より熱湯で洗った方が早く乾く(水の蒸発が早い)ので、やっぱ熱湯で洗うのがよさそうです。

っていうか

上記、まるで酒器のように語っていましたが、基本「花入」ですのでその辺はお忘れなきよう。酒器としてお使いになる場合は自己責任にてお愉しみください。まあ、お酒入れてダメな理由は見つからないので大丈夫と思うのですが。本来の用途である植物を入れればもちろんシャレオツ。形はアジアンばばぞのですけど、ガラスっていう素材が和洋問わず合うと思うんですよね。花器としての画が気になる方は是非scopeの販売ページにてじっくりチェックしてみてください。

https://www.scope.ne.jp/azmaya/hyo/